下取りより買取にする

"車売る時に大事なのが下取りではなく、車買取りに出すようにすることです。その理由は車買取りの方が高値で買取りをしてくれる可能性が高いからです。
下取りが安くなってしまう理由に、まずオプションに価値を付けてもらうことができません。特にディーラーの場合ですと独自の査定項目をベースに価値を決めていきますが、社外品は査定項目外となっています。基本的には純正品ではないと価値を付けてもらうことはできませんし、オプションに価値がない分、安値での車買取りになってしまうことが多いのです。
ディーラーですと処分にお金を掛けているのも安値になる理由のひとつです。車買取り専門店ですとオークションに出品したり、自社販売をするなどしてコストを掛けずに処分していますが、ディーラーは業者に処分を委託していることがあります。下取りをした車の処分に費用が掛かりますので査定額にも影響してしまいますし、その分安値になってしまうのです
ディーラーによっては下取りをした車を中古として販売するところもあるようですが、しかしながら基本的には車を売るのがメインです。ですから広い販売網は持っておらず、高く処分することはできませんし、それゆえに車買取り専門店のような高値を付けるのは難しいのです。"